Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Arubaの認証基盤「ClearPass Policy Manager」に深刻な脆弱性

Hewlett Packard Enterprise傘下のAruba Networksが提供する認証基盤システム「ClearPass Policy Manager」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。深刻なものも含まれる。

同製品は、有線や無線、VPNをはじめ、アクセス制御などを行うマルチベンダーに対応した認証プラットフォーム。「CVE-2020-7114」をはじめ、4件の脆弱性が明らかとなった。

今回明らかとなった脆弱性のうち、重要度が「クリティカル(Critical)」とされる「CVE-2020-7114」は、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアが「9.8」とレーティングされている。

管理インタフェースと同じネットワークセグメントより悪用が可能となる脆弱性で、細工したパケットにより、同製品のデータベースを改ざんされるおそれがある。

(Security NEXT - 2020/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も
「GnuTLS」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Bluetooth」に脆弱性「BLURtooth」が判明 - 認証キー上書きのおそれ
「Adobe Experience Manager」に複数の深刻な脆弱性