Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ニンテンドーネットワークID」に不正ログイン - 約16万アカウントで

任天堂は、「ニンテンドー3DSシリーズ」や「Wii U」などで利用するアカウントサービス「ニンテンドーネットワークID(NNID)」において、なりすましによる不正ログインが発生したことを明らかにした。

同社によると、パスワードリスト攻撃が4月上旬ごろより発生し、一部アカウントにおいて第三者によりログインされる被害が発生したという。

約16万件のアカウントがログインを許し、ニックネーム、生年月日、国や地域、メールアドレスなどを閲覧された可能性がある。

また同サービスへ不正ログインを許した場合、連携する「ニンテンドーアカウント」についても、2段階認証などを設定していない場合は、第三者に登録情報が閲覧された可能性があるという。

(Security NEXT - 2020/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ