Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ニンテンドーネットワークID」に不正ログイン - 約16万アカウントで

任天堂は、「ニンテンドー3DSシリーズ」や「Wii U」などで利用するアカウントサービス「ニンテンドーネットワークID(NNID)」において、なりすましによる不正ログインが発生したことを明らかにした。

同社によると、パスワードリスト攻撃が4月上旬ごろより発生し、一部アカウントにおいて第三者によりログインされる被害が発生したという。

約16万件のアカウントがログインを許し、ニックネーム、生年月日、国や地域、メールアドレスなどを閲覧された可能性がある。

また同サービスへ不正ログインを許した場合、連携する「ニンテンドーアカウント」についても、2段階認証などを設定していない場合は、第三者に登録情報が閲覧された可能性があるという。

(Security NEXT - 2020/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NICTがオンラインシンポジウム - 第5期中長期計画も披露
セミナー応募者のメアド流出、2度目の指摘で気づく - ランサーズ
「Redis」狙うパケットが1.8倍に - JPCERT/CC調査
監査関係者向けに「プライバシーガバナンス」のセミナー - 「プライバシー・バイ・デザイン」提唱者も登壇
ECサイト向けクレカ決済サービスに不正アクセス - メタップスP
「Deep Security」などトレンド2製品に脆弱性 - 実証コードが公開済み
「Log4Shell」の診断サービスを期間限定で - セキュアブレイン
「VAddy」の「Log4Shell」診断、無料試用でも - 1月末まで
対面朗読協力者のメールアドレスが流出 - 大阪市立中央図書館
メール誤送信でワクチン接種予約者のメアドが流出 - 神奈川県