Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 81.0.4044.92」が公開に - セキュリティ関連で32件の修正

ブラウザ「Chrome」の開発チームは、「Windows」「macOS」「Linux」向けに最新版となる「同81.0.4044.92」をリリースした。

今回のアップデートでは、機能強化のほか、32件のセキュリティに関する修正を実施。CVEベースでは23件の脆弱性へ対処したことを明らかにしている。

今回のアップデートに、重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性の修正は含まれていないが、3件については重要度がついで高い「高(High)」とレーティングされている。

具体的には、解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2020-6454」や域外のメモリを読み込む「CVE-2020-6423」に対処した。

さらに1段階低い「中(Moderate)」とされる脆弱性8件や、「低(Low)」の脆弱性12件についてもあわせて解消している。

今回のアップデートで修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-6423
CVE-2020-6430
CVE-2020-6431
CVE-2020-6432
CVE-2020-6433
CVE-2020-6434
CVE-2020-6435
CVE-2020-6436
CVE-2020-6437
CVE-2020-6438
CVE-2020-6439
CVE-2020-6440
CVE-2020-6441
CVE-2020-6442
CVE-2020-6443
CVE-2020-6444
CVE-2020-6445
CVE-2020-6446
CVE-2020-6447
CVE-2020-6448
CVE-2020-6454
CVE-2020-6455
CVE-2020-6456

(Security NEXT - 2020/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ
Adobeの画像や動画編集ソフトなど14製品に深刻な脆弱性
職員採用試験合格通知メールを不合格者に誤送信 - 長野県
中小企業におけるセキュリティ対策の実態調査を実施 - IPA
「LIQUID eKYC」、「収入証明書」や「健康診断書」の撮影に対応
共同研究契約書を異なる企業へ誤送信 - 都立大
「Go」のWASMにバッファオーバーフローのおそれ
Apple、「macOS」や「iOS」の脆弱性を修正 - 詳細は近日公開