Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 81.0.4044.92」が公開に - セキュリティ関連で32件の修正

ブラウザ「Chrome」の開発チームは、「Windows」「macOS」「Linux」向けに最新版となる「同81.0.4044.92」をリリースした。

今回のアップデートでは、機能強化のほか、32件のセキュリティに関する修正を実施。CVEベースでは23件の脆弱性へ対処したことを明らかにしている。

今回のアップデートに、重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性の修正は含まれていないが、3件については重要度がついで高い「高(High)」とレーティングされている。

具体的には、解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2020-6454」や域外のメモリを読み込む「CVE-2020-6423」に対処した。

さらに1段階低い「中(Moderate)」とされる脆弱性8件や、「低(Low)」の脆弱性12件についてもあわせて解消している。

今回のアップデートで修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-6423
CVE-2020-6430
CVE-2020-6431
CVE-2020-6432
CVE-2020-6433
CVE-2020-6434
CVE-2020-6435
CVE-2020-6436
CVE-2020-6437
CVE-2020-6438
CVE-2020-6439
CVE-2020-6440
CVE-2020-6441
CVE-2020-6442
CVE-2020-6443
CVE-2020-6444
CVE-2020-6445
CVE-2020-6446
CVE-2020-6447
CVE-2020-6448
CVE-2020-6454
CVE-2020-6455
CVE-2020-6456

(Security NEXT - 2020/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

雑貨通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面でクレカ情報の窃取被害
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、被害申告が200件超に
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似