Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PHP」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正

PHPの開発チームは、セキュリティアップデートとなる「PHP 7.3.16」「同7.2.29」をリリースした。

開発チームによると、今回のアップデートでは関数「get_headers」における脆弱性「CVE-2020-7066」や「EXIF」の取り扱いにおける脆弱性「CVE-2020-7064」など2件の脆弱性を修正した。

さらに「同7.3.16」では、関数「mb_strtolower」におけるバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2020-7065」やバグの修正を実施している。

今回のリリースを受けて、開発チームでは各系統の利用者へアップデートの実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開
Foxit製PDF製品に複数の深刻な脆弱性 - アップデートを
「Gitlab」に「SSRF」の脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
会議室用ウェブカメラに脆弱性、詳細も公開 - 米政府は悪用脆弱性リストに追加