Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

まつ毛エクステ通販サイトに不正アクセス - 決済画面が改ざん

まつ毛エクステなど美容関連商品を取り扱う通信販売サイトが不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が流出した可能性があることがわかった。

LASH DOLL JAPANによれば、同社が運営する通販サイト「LASH DOLL JAPAN ONLINE STORE」がシステムの脆弱性を突く不正アクセスを受けたもの。決済アプリケーションが改ざんされて顧客のクレジットカード情報を窃取され、不正利用された可能性がある。

対象となるのは、2019年9月20日から10月4日までにかけて、同サイトで商品を購入した顧客355人のクレジットカード決済情報。名義や番号、有効期限、セキュリティコードが含まれる。

また同年10月5日から同月10日までの期間に、同サイトでクレジットカード情報を入力した顧客についても流出した可能性があるが、すでに決済を停止しており、件数など特定できていない。

2019年10月4日にクレジットカード会社より同サイトからカード情報が流出している可能性があると連絡を受け、同日にカード決済を停止。調査を行っていた。

同社では、1月8日に警察へ被害を届け、個人情報保護委員会へ1月10日に報告。対象となる顧客に対しては3月12日よりメールや書面を通じて連絡を取っている。

(Security NEXT - 2020/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
フィッシング被害で顧客情報流出のおそれ - ダイワボウグループ会社
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
サロン向け通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
雑貨通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面でクレカ情報の窃取被害
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令