Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Zohoのエンドポイント管理製品に深刻な脆弱性

Zohoのエンドポイント管理製品「ManageEngine Desktop Central」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティアップデートがリリースされている。

同製品が利用する一部サーブレットにおいて、信頼できないデータを逆シリアル化する「CVE-2020-10189」が明らかとなったもの。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」における共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは、最高値「10」のところ「9.8」となっている。

同脆弱性は、セキュリティ研究者のSteven Seeley氏が2019年12月12日に発見、報告していたが、修正が行われなかったとして、3月5日に脆弱性の実証コード(PoC)を公開している。

PoCのリリースを受けてZohoでは、2020年1月20日にリリースした「同10.0.474」にて任意のファイルがアップロード可能となる脆弱性へ対処し、影響を緩和していたと釈明。

3月7日にリモートよりコード実行が可能となる脆弱性を完全に修正した「同10.0.479」を公開したとして、利用者へアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性