Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワークカメラ向けアプリに認証不備の脆弱性

エクストランが提供するネットワークカメラ向けスマートフォンアプリ「ilbo」に、他利用者の映像を閲覧可能となる脆弱性が含まれていることがわかった。

同ソフトは、リモートより移動式のネットワークカメラ「ilbo」を操作し、画像を閲覧できるスマートフォン向けアプリ。脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同アプリに認証不備の脆弱性「CVE-2020-5532」が含まれていることが明らかとなったという。

同脆弱性により、ログインできるユーザーによって、他ユーザーが使用する機器の映像を閲覧されるおそれがある。Android版、iOS版のいずれも影響を受ける。

同社はAndroid向けに「同1.1.8」、iOS向けに「同1.2.0」をリリース。セキュリティ機関では、アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

群馬県、特別児童扶養手当受給者名簿を誤送付 - 「PPAP」裏目に
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
検査の動画データなど含むバックアップ用HDDが所在不明 - 半田病院
2021年2Qの不正送金 - 件数大幅減となるも被害額は微増
「VMware vRealize Operations Tenant App」に情報漏洩の脆弱性
脆弱性の届出、前四半期の約3分の2に - ウェブ関連が半減
Google、「Chrome 95」をリリース - 19件のセキュリティ修正
ドッグウェアの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
「Movable Type 4」以降に深刻な脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
メール送信ミスでセミナー参加者のメールアドレスが流出 - 神奈川県