Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC防衛部門の一部サーバに不正アクセス - 内部感染拡大を検知できず

同社グループでは、セキュリティ対策として未知のマルウェアについても検知するシステムを導入しているが、2016年12月以降に行われた攻撃による侵入と、内部への感染拡大を検知することができなかったという。

同社や外部事業者における調査で、情報流出などの被害は確認されていないとし、不正アクセスを受けたファイルに関連する顧客に対して、2018年7月以降、個別に事情を説明している。

同社は今回の問題を受け、サイバー攻撃の早期検知や対応体制、情報管理体制について強化し、再発防止に取り組みたいとコメントしている。

(Security NEXT - 2020/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
サーバに不正アクセス、原因や影響など調査中 - 共英製鋼
男性向けファッション通販サイトに不正アクセス
サーバに不正アクセス、原因や影響を調査 - 伯東
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
恋愛ゲームサイトに不正アクセス、会員情報流出 - 東京ガス
メールアカウント2件に不正アクセス - 板橋区医師会
業務用ビデオカメラなど扱う通販サイトに不正アクセス
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス