Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アプリ開発基盤「Spring」に複数脆弱性 - アップデートが公開

アプリケーション開発基盤「Spring Framework」において「Spring MVC」や「Spring WebFlux」を利用している場合に影響を受ける2件の脆弱性が明らかになった。

「Content-Disposition」ヘッダを設定している特定条件下において、反射型ファイルダウンロード(RFD)攻撃が可能となる脆弱性「CVE-2020-5398」が明らかとなったもの。

Pivotalによる共通脆弱性評価システムであるCVSSv3の基本スコアは「8.0」で、重要度は「高(High)」とレーティングされている。

また「同5.2.0」以降において、特定環境のクロスオリジンリソース共有(CORS)におけるプリフライトリクエストに「クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)」の脆弱性「CVE-2020-5397」が明らかとなった。CVSSv3における基本スコアは「5.3」、重要度は「中(Medium)」。

同社では、脆弱性を修正した「同5.2.3」「同5.1.13」「同5.0.16」をリリース。利用者へアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
複数脆弱性を修正した「OpenSSL 1.1.1j」が公開
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Aruba ClearPass Policy Manager」に複数の脆弱性
複数脆弱性を修正、「Chrome 88.0.4324.182」が公開
長年存在した「Microsoft Defender」の脆弱性が月例パッチで修正
ファイル送受信製品「FileZen」に脆弱性 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
グラフや表を作成のWP向けプラグインに深刻な脆弱性