Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セブンイレブン向けネットプリントアプリに脆弱性

セブンイレブンの店頭複合機で印刷が行える富士ゼロックス製のスマートフォン向けアプリに中間者攻撃を受けるおそれがあることがわかった。

iOS向けに提供されている「netprint」、iOSやAndroid向けに提供されている「かんたんnetprint(旧写真かんたんプリント)」にSSL/TlSサーバ証明書を正しく検証しない脆弱性が明らかとなったもの。中間者攻撃により、盗聴などが行われるおそれがある

CVE番号はそれぞれ「CVE-2020-5520」「CVE-2020-5521」「CVE-2020-5522」が割り当てられている。Android向けに提供されている「netprint」は影響を受けないという。

同脆弱性は、新里祐教氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。脆弱性を修正した新版がリリースされている。

(Security NEXT - 2020/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中