Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

登録団体関係者の個人情報を誤送信 - 横浜市

横浜市は、都筑区民活動センターの登録団体関係者の個人情報を、誤って関係ない住民へメール送信していたことを公表した。

同市によれば、2019年11月19日に都筑区地域振興課の非常勤職員が、区民向け公開講座の参加者に対し、都筑区民活動センター登録団体関係者の個人情報含むファイルを誤って送信したもの。193団体255人分の氏名や住所、電話番号、メールアドレスなどが含まれる。

公開講座の参加者1人より、区内のNPO法人などの活動状況を調査するために、都筑区民活動センターの登録団体の活動内容の情報を取得したいと相談があり、職員がウェブサイトで公開されている情報と勘違いし、メールで送信してしまったという。

作成した資料について住民より誤りがないか確認が求められ、12月26日に誤送信が判明。送信先の市民に対し、電話で添付ファイルの削除を依頼したところ、削除したとの回答を得たという。また対象となる登録団体に対し、説明と謝罪の書面を送付したとしている。

(Security NEXT - 2020/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

BCCのメールアドレスをメール本文にも貼り付けるミス - 東京都中央卸売市場
運営を受託するビジネス施設の会員メールアドレスが流出 - 静岡鉄道
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
県内医療機関に対するメールで誤送信 - 香川県
県立高で成績一覧表を誤送信、無意識に保存したファイルと取り違え - 茨城県
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
個別送信の設定し忘れでメールアドレスが流出 - タカラレーベン
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県