Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

登録団体関係者の個人情報を誤送信 - 横浜市

横浜市は、都筑区民活動センターの登録団体関係者の個人情報を、誤って関係ない住民へメール送信していたことを公表した。

同市によれば、2019年11月19日に都筑区地域振興課の非常勤職員が、区民向け公開講座の参加者に対し、都筑区民活動センター登録団体関係者の個人情報含むファイルを誤って送信したもの。193団体255人分の氏名や住所、電話番号、メールアドレスなどが含まれる。

公開講座の参加者1人より、区内のNPO法人などの活動状況を調査するために、都筑区民活動センターの登録団体の活動内容の情報を取得したいと相談があり、職員がウェブサイトで公開されている情報と勘違いし、メールで送信してしまったという。

作成した資料について住民より誤りがないか確認が求められ、12月26日に誤送信が判明。送信先の市民に対し、電話で添付ファイルの削除を依頼したところ、削除したとの回答を得たという。また対象となる登録団体に対し、説明と謝罪の書面を送付したとしている。

(Security NEXT - 2020/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
8月に発生したメール誤送信を公表 - 響愛学園
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県
メディア宛メールで誤送信、宛先にアドレス記載 - GPIF
委託先でメール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 新潟県
リユース品配布会の当選者通知メールで送信ミス - 松本市
納期遅延の通知メールで送信ミス - ソフト販売会社
保健所で新コロ濃厚接触者リストを誤送信 - 大阪府