Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、定例更新をリリース - 334件の脆弱性に対処

Oracleは、四半期ごとに公開している定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」をリリースし、334件の脆弱性に対処した。

今回のアップデートは、「Oracle Database Server」「Oracle Java SE」のほか、「Oracle E-Business Suite」「Oracle Enterprise Manager」「Oracle Fusion Middleware」「Oracle MySQL」「Oracle PeopleSoft」「Oracle Virtualization」など、対象製品は多岐にわたる。

修正された脆弱性のうち、共通脆弱性評価システム「CVSS v3」において、最大値10のところ、「7」以上とされる脆弱性は134件。このうち42件については「9」以上とレーティングされている。

ネットワーク経由で認証なく攻撃が可能とされる脆弱性は192件。同社は、脆弱性の悪用を防止するため、早期にアップデートを適用するよう呼びかけている。

なお、次回の定例アップデートは米国時間2020年4月14日に公開する予定。

(Security NEXT - 2020/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
Apple、「iOS」のアップデートを公開 - 旧版ではゼロデイ脆弱性に対応
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ
Adobeの画像や動画編集ソフトなど14製品に深刻な脆弱性
「Go」のWASMにバッファオーバーフローのおそれ
Apple、「macOS」や「iOS」の脆弱性を修正 - 詳細は近日公開
法人向けエンドポイント製品にサービス拒否の脆弱性 - トレンド
脆弱性を修正した「PHP 7.4.25」がリリース
オープンソースのフォーラムソフト「Discourse」に深刻な脆弱性