Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業説明会の登録学生情報が閲覧可能に - 山梨県

山梨県情報通信業協会は、山梨県と共催した企業ガイダンスにエントリーした学生の個人情報が、インターネット上で閲覧できる状態だったことを明らかにした。

同協会によれば、学生エントリーシステムに登録されたデータが、2019年3月から同年10月31日にかけて、外部からアクセスできる状態となっていたもの。

閲覧可能だったのは、同システムの利用を開始した2012年3月以降に登録された学生の個人情報506件。氏名や住所、電話番号、性別、学校名、学部、学科、メールアドレス、卒業見込み年度などが含まれる。

2019年10月23日に同協会の会員より連絡があり、検索エンジンに同システムの管理画面が登録され、学生のデータを閲覧できる状態となっていることが判明。同月31日にサイトを閉鎖し、システム上のデータを削除した。

データベースの管理などに問題があったなどとして、同協会では詳細な原因について調査を進めている。直近30日のログにアクセス履歴は残っていなかったが、それ以前の履歴についても調べる方針。対象となる学生や学校には、経緯の説明を行うとしている。

同協会では、企業ガイダンスについては今後も開催するとしているが、事前エントリーを廃止し、開催当日に参加証へ記入する方式へ変更する。

(Security NEXT - 2020/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
アンケート調査回答の集計前データを誤って外部提供 - 公取委
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
マクロ実行の操作ミスでメール誤送信 - システム開発会社
LINE WORKSで複数顧客参加のトークルームを誤作成、削除できず - 富士薬品
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社
九大職員が無許可ファイル持出、転職先で外部公開 - 意図しない機密情報も