Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

水防警報でメアド流出、運用方法見直しを検討 - 新潟県

新潟県は、水防警報に関するメールで関係者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同県によれば、12月5日21時半過ぎ、河川管理課において県警や報道機関など関係機関へ送信した水防警報に関するメールで送信ミスが発生したもの。

個人のメールアドレス4件を含む関係先42件のメールアドレスが、受信者間で閲覧できる状態となった。さらに送信記録がのこる過去3カ月にさかのぼって確認したところ、同様の問題が16回にわたり発生していたという。

同県では、対象となる個人の関係者に電話で謝罪。すべての送信先に対して問題のメールについて削除するよう依頼した。

同県では今後送信にBCCの利用を徹底するとする一方、水防業務において緊急や繁忙時に同様のケースが想定されると説明。

今後は関係者間でメールアドレスを共有する運用への変更を検討し、個人のメールアドレスについては登録せず、本人の希望で登録する場合は、その旨了承を得るという。

(Security NEXT - 2019/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
メディア宛メールで誤送信、宛先にアドレス記載 - GPIF
委託先でメール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 新潟県
納期遅延の通知メールで送信ミス - ソフト販売会社
高校で実習製品注文者の個人情報をFAX誤送信 - 島根県
新コロ自宅療養者の個人情報流出など事故3件を公表 - 大阪府
商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー