Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フルリゾルバ「Unbound」に任意のコードを実行されるおそれ

蘭NLnet Labsが開発するオープンソースのキャッシュDNSサーバ「Unbound」において、任意のシェルコードを実行されるおそれがある脆弱性が判明した。

脆弱性「CVE-2019-18934」が判明したもの。特定の環境で細工した「IPSECKEYレコード」を受け取ると任意のシェルコードを実行されるおそれがあるという。

NLnet Labsでは、脆弱性を修正した「同1.9.5」をリリース。日本レジストリサービス(JPRS)など関連機関なども利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性