Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含むUSBメモリ紛失、拾得 - 島根大付属病院

島根大学医学部付属病院の医師が、患者情報を保存した私物のUSBメモリを一時紛失していたことがわかった。電子カルテのデータは私物のUSBメモリに複製できないしくみだったが、自らデータを入力して持ち出していたという。

同大によれば、7月27日に開催された研究会で医師がスライドを試写した際、個人情報など含む私物のUSBメモリを紛失したもの。USBメモリ内のデータは、個人が特定できる状態でパスワードなども設定されていなかった。

USBメモリを所有する医師が、同院の別の医師に手渡し、試写が行われたが、その後所在がわからなくなっていたという。試写を行った医師はUSBメモリを返却したと思っていたが、研究会終了後にUSBメモリを所有する医師から返却するよう求められ、紛失に気が付いた。

両医師は、警察などに届けず、上長にも報告していなかったが、9月5日になってUSBメモリの所有者である医師に対し、拾得者から連絡があったことから担当教授へ報告。問題が明らかとなった。同院では9月14日にUSBメモリを回収。拾得者にデータをコピーしたり、外部へ漏洩していないことを確認したとしている。

(Security NEXT - 2019/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
放課後児童クラブの関係者宅で児童リストなどが盗難被害
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収の可能性 - 済生会富山病院
PCR検査の受検者情報を委託先が紛失、その後回収 - 大阪府
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
ポプラ、料金収納払込票を紛失 - 拾得者「公園のゴミ箱に捨てた」
生活保護受給者の個人情報が流出、市長宛に届く - 八潮市
新型コロ患者情報、コンビニ複合機に置き忘れ - 神奈川県
教員が個人情報紛失、名古屋市教委へ届き10カ月後に回収 - 大阪市