Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「三菱UFJ銀」装う偽メールに注意 - 件名は10種類以上

「三菱UFJ銀行」を装ったフィッシング攻撃が発生している。少なくとも10種類以上の件名が用いられており、誘導先のURLも複数確認されている。

20191023_ap_001.jpg
フィッシング対策協議会が報告を受けたフィッシングメールの件名

注意喚起を行ったフィッシング対策協議会によれば、10月23日時点で少なくとも11種類の件名が報告されており、「払い戻しの保留通知」のほか、「口座振替」「規程改定の通知」「アプリのサービス開始」といった文言を用いていた。

メールの本文では、リスクが検出されて一時的に口座を制限したなどと説明。ログインを行い手続きを行うよう促し、HTMLメールに埋め込まれたリンクから偽サイトに誘導する。

誘導先のURLに関しても6種類が確認されているが、10月23日14時の時点で停止が確認されているという。ただし、今後類似した攻撃が今後発生する可能性もあり、同協議会では警戒を強めている。

同行においても、「失効」「一時利用停止・再開」「セキュリティ強化」「本人確認」などを口実にフィッシングメールやSMSが送信されていると指摘。

同行よりメールやSMSで個人情報の入力を求めることはないとして、フィッシングサイトへ誤ってパスワードを含む個人情報を入力しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
北海道銀行を装うフィッシング - 他攻撃の文面を使い回しか
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携