Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

内部統制型や情報漏洩防止型セキュリティ製品市場は二桁の伸び - 民間調査

ミック経済研究所は、内部統制型や情報漏洩防止型のセキュリティソリューション市場について調査し、2013年までの中期予測についてとりまとめた。

同レポートは、主要ベンダー140社のセキュリティソフトとアプライアンスサーバの出荷金額を調査し、2007年度から2013年度までの中期予測を含めて分析。内部統制型や情報漏洩防止型のセキュリティソリューションを36分野に分類し、市場動向をまとめた。

レポートによると、同市場は2007年度が980億円強だったが、2008年度は前年比10.3%増の1080億円強へ成長。さらに2009年度は前年比12.2%増となる1215億円に達すると同社では分析している。

全36分野のうち21分野で二桁の伸びを見せており、そのなかでも特に成長率が目立っているのはシングルサインオンとアイデンティティ管理分野。

シングルサインオンパッケージの2008年度市場は、前年比14.4%増の93億7000万円。認知度の高まりや内部統制など社会的背景から、大手企業以外の企業ユーザーにも定着しており、今後も二桁の伸びを維持するとの見通しを示した。

またアイデンティティ管理パッケージの2008年度市場は、前年比20.3%の90億6000万円。日本版SOX法の施行に伴い、内部統制強化のための管理ツールとして浸透し始めているという。

(Security NEXT - 2009/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
火災調査関連の個人情報含むHDDを紛失 - 弘前地区消防事務組合
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省