Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットストアに不正アクセス、クレカ情報流出 - 日本関税協会

日本関税協会は、同協会が運営するオンラインショップ「JTAS Store」が不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同協会によれば、システムの脆弱性を突く不正アクセスにより、決済用アプリケーションが改ざんされたもの。

2018年12月21日から2019年5月24日にかけて、クレジットカード決済を利用した顧客の個人情報最大228件が流出した可能性がある。

クレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードなどが含まれる。一部クレジットカード情報は不正に利用された可能性があるという。

(Security NEXT - 2019/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
アパレル資材B2Bサイトでクレカ情報流出か - アップロード機能の脆弱性突かれる
健康食品通販サイトでクレカ情報流出か - 個人情報格納サーバにも不正アクセスの痕跡
ネットスーパーで無関係の顧客情報が表示される不具合 - ヤオコー
医療関連用品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
健康食品扱う複数通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性