Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットストアに不正アクセス、クレカ情報流出 - 日本関税協会

日本関税協会は、同協会が運営するオンラインショップ「JTAS Store」が不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同協会によれば、システムの脆弱性を突く不正アクセスにより、決済用アプリケーションが改ざんされたもの。

2018年12月21日から2019年5月24日にかけて、クレジットカード決済を利用した顧客の個人情報最大228件が流出した可能性がある。

クレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードなどが含まれる。一部クレジットカード情報は不正に利用された可能性があるという。

(Security NEXT - 2019/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
延滞情報などを誤送信、メール宛先に無関係の委託先 - アプラス
複数サーバでデータが暗号化、顧客情報流出の可能性も - 玄関マット製造会社
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
決済会社にサイバー攻撃、影響受けた可能性 - フランス文化センター
スニーカー通販サイト、顧客情報流出の可能性 - リニューアル前の被害が判明
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す
ワイシャツのオーダーサイトで個人情報流出の可能性 - 店舗顧客にも影響