Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットストアに不正アクセス、クレカ情報流出 - 日本関税協会

日本関税協会は、同協会が運営するオンラインショップ「JTAS Store」が不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同協会によれば、システムの脆弱性を突く不正アクセスにより、決済用アプリケーションが改ざんされたもの。

2018年12月21日から2019年5月24日にかけて、クレジットカード決済を利用した顧客の個人情報最大228件が流出した可能性がある。

クレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードなどが含まれる。一部クレジットカード情報は不正に利用された可能性があるという。

(Security NEXT - 2019/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
最大11.7万件の登録者情報が流出か - グルメアプリ
寝具通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
林業機械の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
服飾品に不正アクセス - クレカ情報流出の可能性