Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース

リコー製のプリンタや複合機に複数の脆弱性が明らかとなった。リモートよりコードを実行されたり、サービス拒否に陥るおそれがあるという。

複合機「SP C250SF」「SP C252SF」やカラーレーザープリンタ「SP C250DN」「SP C252DN」に「CVE-2019-14300」をはじめ、バッファオーバーフローの脆弱性4件が明らかとなったもの。

「HTTP」のパラメータやCookieヘッダ、「LPDパケット」などの解析処理に脆弱性が存在。脆弱性を悪用されると、リモートより任意のコードを実行されたり、サービス拒否に陥るおそれがある。

これら脆弱性は、いずれもリコーが周知を目的に情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

各製品向けに脆弱性を修正したファームウェアがリリースされており、アップデートが呼びかけられている。

(Security NEXT - 2019/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

子会社の事務所倉庫で顧客情報含む伝票が所在不明に - 村田機械
従業員の顔画像含む認証機器が所在不明 - システム開発会社
都マンション管理状況届出システムに不正アクセス
厚労省の委託先で「Emotet」感染 - メールなどが端末から流出
「制御システムセキュリティカンファレンス2023」のCFPが開始に
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
メール誤送信で災害ボランティアのメアド流出 - 大阪市