Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートよりコマンド実行のおそれ

「Exim」にroot権限でリモートよりコマンドを実行されるおそれがある深刻な脆弱性が含まれていることが明らかとなった。

「Exim」は、オープンソースのメール転送ソフト(MTA)。インターネット接続機器のデータベースである「Shodan」によれば、500万台以上が稼働している。

同ソフトウェアのTLSハンドシェイクに問題があり、SMTPのメール配信処理時にバッファオーバーフローが生じる脆弱性「CVE-2019-15846」が明らかになったもの。リモートより認証なしに悪用が可能で、root権限でコマンドを実行されるおそれがある。

脆弱性は、「同4.92.1」から「同4.80」までのバージョンに存在。「10」が最高値である共通脆弱性評価システム「CVSS v3」のスコアは「9.8」とレーティングされている。

脆弱性を修正した「同4.92.2」が公開されており、開発チームやセキュリティ機関では利用者にアップデートを実施するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
Atlassian、複数製品でのべ11件の脆弱性に対応
「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性