Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先が顧客情報含む資料を紛失 - 中部電

中部電力は、委託先従業員が顧客情報が記載された資料を紛失したことを明らかにした。

同社によれば9月3日、委託先の販売スタッフが小牧市内で顧客情報含む資料を紛失したもの。所在がわからなくなっている資料には、小牧営業所エリア内の顧客116契約分の氏名や住所、契約管理番号などが記載されていた。

捜索を行ったが見つからず、同日に警察へ届けた。同社では対象となる顧客に説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2019/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

子会社の事務所倉庫で顧客情報含む伝票が所在不明に - 村田機械
従業員の顔画像含む認証機器が所在不明 - システム開発会社
都マンション管理状況届出システムに不正アクセス
厚労省の委託先で「Emotet」感染 - メールなどが端末から流出
「制御システムセキュリティカンファレンス2023」のCFPが開始に
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
メール誤送信で災害ボランティアのメアド流出 - 大阪市