Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Samba」に情報漏洩の脆弱性 - アップデートをリリース

「Samba」の開発チームは、情報漏洩の脆弱性に対処したセキュリティアップデートをリリースした。

「同4.9.0」以降において特定のパラメータや権限が設定されている場合に、共有パスの定義を回避して、ルートディレクトリ以下のファイルシステムが表示可能となる脆弱性「CVE-2019-10197」が明らかとなったもの。

ただし、カーネルにより設定されているパーミッションは適用されるとしている。最大値が「10」である共通脆弱性評価システムであるCVSSにおけるスコアは「8.7」。

開発チームでは、緩和策をアナウンスするとともに、脆弱性へ対処したアップデート「同4.10.8」「同4.9.13」および「同4.11.0rc3」をリリース。影響を受けるバージョンを利用している場合は、できるだけ早くアップデートを実施するよう求めている。

(Security NEXT - 2019/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9」の脆弱性、関連機関がアップデートを強く推奨
「Telerik Report Server」に深刻な脆弱性 - 最新版へ更新を
「VMware ESXi」「vCenter Server」に脆弱性 - 修正パッチが公開
Oktaのウェブブラウザ向けプラグインにXSS脆弱性
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性6件を修正
米当局、「Twilio」や「IE」の脆弱性悪用に注意呼びかけ
未使用でも影響、7月修正の「IEゼロデイ脆弱性」 - 遅くとも5月に悪用
Dockerエンジンの認証プラグインに脆弱性 - CVSSは最高値だが悪用可能性は低
「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正
Chromeのアップデートが公開 - セキュリティ関連で24件の修正