Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

通販サイトに不正アクセス、詳細を調査中 - JIMOS

JIMOSは、同社が運営する化粧品や健康食品の通信販売サイトが不正アクセスを受け、顧客情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同社が運営する通販サイト「マキアレイベル」「Coyori」「代謝生活CLUB」で利用するサーバが不正アクセスを受け、顧客情報の一部が流出した可能性があることが判明したもの。

同社では、クレジットカード決済を停止するとともに、対象となる3サイトについても休止。外部事業者に調査を依頼した。

調査結果やサイトの再開時期などについては、ウェブサイト上で公表するとしており、対象となる顧客に対しても案内を実施する予定。

(Security NEXT - 2019/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
読売関連会社のネットショップに不正アクセス - クレカ情報が被害
革製品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
通販サイトでクレカ情報流出、システム刷新後に被害判明 - コスモス薬品
スマホアプリのウェブサーバがサイバー攻撃被害 - フォレスト出版
スピリチュアルグッズ通販サイトでクレカ情報流出の可能性