Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WonderCMS」にサーバ上のファイルを削除される脆弱性 - 過去の修正が不十分で

オープンソースのコンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WonderCMS」に脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートが提供されている。

「同2.4.2」および以前のバージョンにディレクトリトラバーサルの脆弱性「CVE-2019-5956」が明らかとなったもの。サーバ上にある任意のファイルを削除されるおそれがある。

同ソフトは、2018年にもディレクトリトラバーサルの脆弱性「CVE-2018-7172」が明らかとなっていたが、「同2.4.1」における修正が不十分だったという。

同脆弱性は、徳田聡介氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、脆弱性へ対処した「同2.7.0」がリリースされている。

(Security NEXT - 2019/08/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PHP」の脆弱性、国内でも被害発生 - IPAが注意喚起
OpenSSHの「regreSSHion」レビュー時にあらたな脆弱性見つかる
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
「Ghostscript」の脆弱性に注意 - 3月と5月の更新で修正済み
Go言語ベースのウェブフレームワーク「Fiber」に深刻な脆弱性
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 6月のアップデートで修正
「Node.js」のセキュリティアップデート、再び延期に
「MongoDB」向けGUIにコードインジェクションの脆弱性