Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行政文書を紛失、誤廃棄の可能性も - 公取委

公正取引委員会は、行政文書の紛失が発生したことを明らかにした。職員が誤廃棄した可能性が高いとしている。

同委員会によれば、行政文書の管理状況に関する定期点検の過程で紛失が明らかになったもの。

紛失したのは本局、地方事務所あわせて54件の行政文書で、文書発送や決裁の日付けなどを管理する帳簿や、訓令、通達関連資料などが含まれる。いずれも普段外部へ持ち出す文書ではないという。

保存期間を誤認して廃棄した可能性が高いが、廃棄の事実を確認できなかった文書も複数あるという。外部への流出は確認されていない。

(Security NEXT - 2019/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市教委で特別支援教育就学奨励費対象児童の一部名簿を紛失 - 湖西市
書類が車両走行中に散乱、一部未回収 - 明治国際医療大
給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
県立高で生徒と保護者の画像含む記録メディアを紛失 - 埼玉県
小学校で児童の写真含むデジカメとメディアが所在不明に - さいたま市
中学校で答案用紙などを紛失、成績には影響なし - 一宮市
民生委員が調査に用いる高齢者リストを紛失 - 藤沢市
学童保育で児童の写真含むデジカメが所在不明に - 高槻市