Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行政文書を紛失、誤廃棄の可能性も - 公取委

公正取引委員会は、行政文書の紛失が発生したことを明らかにした。職員が誤廃棄した可能性が高いとしている。

同委員会によれば、行政文書の管理状況に関する定期点検の過程で紛失が明らかになったもの。

紛失したのは本局、地方事務所あわせて54件の行政文書で、文書発送や決裁の日付けなどを管理する帳簿や、訓令、通達関連資料などが含まれる。いずれも普段外部へ持ち出す文書ではないという。

保存期間を誤認して廃棄した可能性が高いが、廃棄の事実を確認できなかった文書も複数あるという。外部への流出は確認されていない。

(Security NEXT - 2019/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市