Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オーガニック製品など扱う通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出

オーガニック製品など取り扱う通信販売サイト「omochabakoWEBSTORE」が不正アクセスを受け、顧客情報が流出したことがわかった。

同サイトを運用するおもちゃ箱によると、2019年1月31日から3月8日までに利用されたのべ210件のクレジットカード情報が流出したもの。

また2016年2月3日から2019年3月11日にかけて利用した顧客のクレジットカード情報のべ4万233件についても流出した可能性があるという。

流出したデータには、クレジットカードの名義や、クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコードが含まれる。

同社ではクレジットカード情報を保有していなかったが、ウェブアプリケーションの脆弱性を突かれてクレジット決済用のアプリケーションを改ざんされ、窃取された可能性があるという。

クレジットカード会社より決済代行会社を通じて流出の可能性について指摘があり、同社は3月11日に停止。当時は「クレジットシステムの障害」とアナウンスし、「Amazon Pay」を利用した決済のみに制限していた。

同社では、7月5日に警察や個人情報保護委員会へ報告。顧客に対しては、メールで個別に連絡を取るという。

(Security NEXT - 2019/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
読売関連会社のネットショップに不正アクセス - クレカ情報が被害
革製品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
通販サイトでクレカ情報流出、システム刷新後に被害判明 - コスモス薬品
スマホアプリのウェブサーバがサイバー攻撃被害 - フォレスト出版
スピリチュアルグッズ通販サイトでクレカ情報流出の可能性