Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年2Qの脆弱性届出は499件、ウェブサイト関連が6倍に

2019年第2四半期に情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドラインを通じて届け出があった脆弱性は499件で、前四半期の4倍へと急増した。ウェブサイト関連の増加が目立っている。

情報処理推進機構(IPA)が、同四半期における脆弱性の届け出状況を取りまとめたもの。同四半期には499件の届け出があり、前四半期の123件から376件増加した。

ソフトウェア関連の脆弱性は55件で前四半期の49件からわずかに上昇。一方増加が目立ったのはウェブサイトに関する脆弱性で、前四半期の74件から6倍にあたる444件へ急増している。

届け出の受け付けを開始した2004年からの累計件数は、ソフトウェア関連が4328件、ウェブサイト関連が1万384件。あわせて1万4712件となった。

20190726_ip_001.jpg
脆弱性の届け出件数推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2019/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
2020年2Qの脆弱性届出、「サイト」「ソフト」いずれも減
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査