Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

当選賞品を宛名と異なる住所へ送付 - 九州電力

九州電力は、キャンペーンに当選した顧客へ賞品を郵送した際、作業ミスにより住所を誤り、宛名と異なる当選者へ送付したことを明らかにした。

同社によれば、7月10日、「春の電気ご契約キャンペーン2019」に当選した1100人に賞品であるプリペイドカードを発送した際、人為ミスにより住所の記載を誤ったため、1000件が宛名とは異なる当選者の住所に送られたという。

7月18日の時点で、1000件のうち12件が宛名が異なる状態で配達され、宛名と別の当選者が受け取ったことを確認。293件が宛先不明で同社へ戻された。郵送した封書の内容物に、個人情報は含まれないという。

同社では、宛名が異なる郵送物を受け取った顧客に説明と謝罪を行い、郵送物を回収する。また、自分の宛名で別の当選者へ送られた顧客に対しても、説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2019/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ陽性患者リストを誤配送 - 神奈川県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
顧客情報含む資料を誤ってメール送信 - 不動産会社
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
マスクの価格訂正メールで誤送信 - 白十字
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社