Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

当選賞品を宛名と異なる住所へ送付 - 九州電力

九州電力は、キャンペーンに当選した顧客へ賞品を郵送した際、作業ミスにより住所を誤り、宛名と異なる当選者へ送付したことを明らかにした。

同社によれば、7月10日、「春の電気ご契約キャンペーン2019」に当選した1100人に賞品であるプリペイドカードを発送した際、人為ミスにより住所の記載を誤ったため、1000件が宛名とは異なる当選者の住所に送られたという。

7月18日の時点で、1000件のうち12件が宛名が異なる状態で配達され、宛名と別の当選者が受け取ったことを確認。293件が宛先不明で同社へ戻された。郵送した封書の内容物に、個人情報は含まれないという。

同社では、宛名が異なる郵送物を受け取った顧客に説明と謝罪を行い、郵送物を回収する。また、自分の宛名で別の当選者へ送られた顧客に対しても、説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2019/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
東京都シルバーパス購入申込書を誤廃棄 - 小田急バス
東日本大震災の都内避難者向け広報誌で、宛名ミス - 東京都
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
セミナー参加者情報含む資料をメールに誤添付 - 佐賀県
委託先が名簿を不正にクラウド共有、メール誤送信で発覚 - 厚労省
介護保険料納入通知書を誤送付、委託先が封入ミス - 笠間市
7月の個人情報関連の事務処理ミス44件を公表 - 横浜市
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
大阪市の子宮頸がんワクチン案内約1.9万件で宛名ミス - データ操作ミスで