Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処

Oracleは、四半期ごとにリリースする定例アップデート「クリティカルパッチ アップデート(CPU)」を公開した。CVEベースで319件の脆弱性を解消している。

今回のアップデートでは、「Oracle Database Server」をはじめ、「Oracle Fusion Middleware」「Oracle Hyperion」「Oracle E-Business Suite」「Oracle PeopleSoft」「Oracle Siebel CRM」「Oracle Industry Applications」「Java SE」「MySQL」など、幅広い製品の脆弱性へ対処した。

319件の脆弱性のうち、共通脆弱性評価システム「CVSS v3」においてスコアが「7.0」以上の「緊急」または「重要」とされる脆弱性は155件。204件に関してはリモートより悪用されるおそれがあるという。

同社では、サポートされているバージョンを確認したうえで、すみやかにアップデートを適用し、脆弱性を修正するよう利用者に対して呼びかけている。

なお、次回の定例アップデートは米国時間2019年10月15日に公開する予定。

(Security NEXT - 2019/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
複数脆弱性を修正した「OpenSSL 1.1.1j」が公開
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Aruba ClearPass Policy Manager」に複数の脆弱性
複数脆弱性を修正、「Chrome 88.0.4324.182」が公開
長年存在した「Microsoft Defender」の脆弱性が月例パッチで修正
ファイル送受信製品「FileZen」に脆弱性 - アップデートは準備中、緩和策の実施を