Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スタートアップのFlatt、約2.2億円を調達

セキュリティ事業を展開するスタートアップ企業のFlattは、サイバーエージェントやディノス・セシールなどを引受先とする第三者割当増資を実施し、約2.2億円を調達した。

Flattは、法人向けのセキュリティ事業を展開するスタートアップ。脆弱性の診断事業などを提供するほか、現在はSaaS型の法人向けサービスを開発している。

2018年12月に開催されたCTF大会「SECCON2018」で優勝した「東京大学理論科学グループ(TSG)」の関係者なども所属する。

今回、サイバーエージェントやディノス・セシール、メルカリでCTOを務める名村卓氏などを引受先とする第三者割当増資を実施し、約2.2億円を調達。プロダクト開発や人材確保に活用する。また名村氏は、同社の技術顧問に就任した。

(Security NEXT - 2019/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールアカウント2件に不正アクセス - 板橋区医師会
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
3月に「JC3 Forum 2021」開催 - サイバー犯罪動向や対応成功事例など紹介
インフォサイエンスの複数ログ管理製品に脆弱性 - OSコマンド実行のおそれ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
12月のDDoS攻撃、前月比29件増 - IIJ調査
新型コロナウイルス患者の氏名をサイトに誤掲載 - 埼玉県
「sudo」に脆弱性「Baron Samedit」が判明 - root権限奪われるおそれ
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
就職氷河期世代のeスポーツ愛好家向けにセキュ人材研修 - 群馬県