Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む申請書類が所在不明 - 名古屋市

名古屋市は、事業者から提出された個人情報含む申請書類が所在不明となっていることを明らかにした。

同市によれば、配食サービス事業者の指定を希望する事業者から3月上旬に提出された申請書類が、所在不明となっているもの。

問題の書類には、提出した事業者の代表者および職員の氏名、生年月日のほか、同事業者が利用する金融機関の口座番号などが記載されていた。

5月8日、同事業者から指定決定の通知が来ていないと連絡があり、書類の紛失が判明。捜索したが発見できなかった。同市では、同事業者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

研究室外に置いた廃棄予定パソコン3台が所在不明に - 日工大
中学校でアンケート票を紛失、一部が県教委に届く - 春日井市
特別支援学校で生徒の個人情報含む書類が所在不明 - 埼玉県
新生児訪問指導票などを誤廃棄か、再利用段ボールで保管 - 船橋市
高校で引出に入れた記録簿が所在不明に - 大阪府
霊園使用者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 岩見沢市
保健所で精神保健診察の関連文書が所在不明 - 埼玉県
小学校で結核健診問診票を紛失、整理が不十分で - 平塚市
USB紛失で町長ら減給、不正利用判明すれば再度処分を検討 - 佐久穂町
USBメモリを紛失、暗号化済みだがPW貼付 - NEXCO西日本