Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6月のMS月例パッチが公開 - 脆弱性88件を修正

マイクロソフトは、6月の月例セキュリティ更新を公開した。「Adobe Flash Player」の脆弱性を除き、CVEベースで88件の脆弱性へ対処している。

20190612_ms_001.jpg
マイクロソフトが公開したリリースノート

今回のアップデートは「Windows」や同社ブラウザの「Internet Explorer」「Microsoft Edge」をはじめ、「Office」「Exchange Server」「ChakraCore」「Azure」「Skype for Business」「Lync」における脆弱性へ対応した。同日公開された「Adobe Flash Player」の脆弱性に対しても、アップデートを行っている。

脆弱性の最大深刻度を見ると、4段階中もっとも高い「緊急」の脆弱性が21件、次いで深刻度が高い「重要」が66件、さらに1段階低い「警告」が1件だった。

脆弱性によって影響は異なるが、30件の脆弱性に関しては、悪用されるとリモートよりコードを実行されるおそれがある。そのほか「権限の昇格」「情報漏洩」「サービス拒否」「なりすまし」「改ざん」「セキュリティ機能のバイパス」といった問題へ対処した。

権限昇格の脆弱性「CVE-2019-1053」「CVE-2019-1064」「CVE-2019-1069」「CVE-2019-0973」に関しては、悪用は確認されていないものの、いずれもすでに公開されている。

今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2019-0620
CVE-2019-0709
CVE-2019-0710
CVE-2019-0711
CVE-2019-0713
CVE-2019-0722
CVE-2019-0888
CVE-2019-0904
CVE-2019-0905
CVE-2019-0906
CVE-2019-0907
CVE-2019-0908
CVE-2019-0909
CVE-2019-0920
CVE-2019-0941
CVE-2019-0943
CVE-2019-0948
CVE-2019-0959
CVE-2019-0960
CVE-2019-0968
CVE-2019-0972
CVE-2019-0973
CVE-2019-0974
CVE-2019-0977
CVE-2019-0983
CVE-2019-0984
CVE-2019-0985
CVE-2019-0986
CVE-2019-0988
CVE-2019-0989
CVE-2019-0990
CVE-2019-0991
CVE-2019-0992
CVE-2019-0993
CVE-2019-0996
CVE-2019-0998
CVE-2019-1002
CVE-2019-1003
CVE-2019-1005
CVE-2019-1007
CVE-2019-1009
CVE-2019-1010
CVE-2019-1011
CVE-2019-1012
CVE-2019-1013
CVE-2019-1014
CVE-2019-1015
CVE-2019-1016
CVE-2019-1017
CVE-2019-1018
CVE-2019-1019
CVE-2019-1021
CVE-2019-1022
CVE-2019-1023
CVE-2019-1024
CVE-2019-1025
CVE-2019-1026
CVE-2019-1027
CVE-2019-1028
CVE-2019-1029
CVE-2019-1031
CVE-2019-1032
CVE-2019-1033
CVE-2019-1034
CVE-2019-1035
CVE-2019-1036
CVE-2019-1038
CVE-2019-1039
CVE-2019-1040
CVE-2019-1041
CVE-2019-1043
CVE-2019-1044
CVE-2019-1045
CVE-2019-1046
CVE-2019-1047
CVE-2019-1048
CVE-2019-1049
CVE-2019-1050
CVE-2019-1051
CVE-2019-1052
CVE-2019-1053
CVE-2019-1054
CVE-2019-1055
CVE-2019-1064
CVE-2019-1065
CVE-2019-1069
CVE-2019-1080
CVE-2019-1081

(Security NEXT - 2019/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開
NVIDIAのGPUドライバに複数脆弱性 - vGPUソフトウェアにも
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Chrome 87.0.4280.141」が公開 - セキュリティに関する16件の修正を実施
ウェブセキュリティ製品に複数脆弱性 - トレンド