Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開

Adobe Systemsが提供する「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートが提供されている。

20190612_as_001.jpg
アップデートをリリースしたAdobe Systems。適用優先度は「2」となっている

解放後のメモリへアクセスする「Use After Free」の脆弱性「CVE-2019-7845」が明らかとなったもの。悪用されると任意のコードを実行されるおそれがある。

脆弱性の重要度は、3段階中もっとも高い「クリティカルU(Critical)」。脆弱性の悪用は確認されていない。

同社は、各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせ、「Windows」や「macOS」「Linux」およびブラウザ同梱版の最新版として「同32.0.0.207」をリリース。

「Linux」以外に関しては適用優先度を3段階中2番目にあたる「2」とレーティングし、30日以内を目安にアップデートを呼びかけている。「Linux」に関しては3番目にあたる「3」としており、任意のタイミングでアップデートを実施するよう求めた。

(Security NEXT - 2019/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Ghostscript」の脆弱性に注意 - 3月と5月の更新で修正済み
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
Go言語ベースのウェブフレームワーク「Fiber」に深刻な脆弱性
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 6月のアップデートで修正
「Node.js」のセキュリティアップデート、再び延期に
「MongoDB」向けGUIにコードインジェクションの脆弱性
「HTTP File Server」に深刻な脆弱性 - アップデートで修正
地理空間データ共有OSS「GeoServer」にRCE脆弱性 - アップデートの実施を
「Apache HTTPD」のアップデートで旧脆弱性が再発 - 再度更新を