Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年のフィッシング報告は約2万件 - 前年比約2倍に

2018年は、クレジットカード会社のほか、「Apple」「Amazon」など大手ブランドをかたってカード情報を詐取しようとするフィッシングが多く確認された。

また、携帯電話のキャリア決済を狙ったフィッシングも報告されており、なかでも「MySoftbank」「佐川急便」などをかたって、IDとパスワードを盗もうとするフィッシングが目立ったという。

(Security NEXT - 2019/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
9月のフィッシングサイト、前月比約26%減 - やや落ち着くも高水準
JIPDECとフィ対協、メーラーの「S/MIME」対応状況を調査
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
フィッシング報告が初の5万件超、毎分約1.2件 - URL数も記録更新
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
フィッシングサイトが増加 - 1カ月あたり8000件超、過去最多
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも