Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化

宅配便の不在通知を装ったショートメッセージ(SMS)をスマートフォンへ送り、偽サイトへ誘導する「スミッシング」。偽装するブランドの拡大や検出の回避など悪質化が進んでいる。

これまでも「佐川急便」を装った不在通知によって偽サイトへ誘導し、不正アプリをインストールさせたり、IDとパスワードを入力させるフィッシング攻撃が確認されているが、あらたに「日本郵便」をかたるケースが確認された。

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)では、佐川急便の偽サイトに関する調査を進めていた際、あらたに「日本郵便」を装うSMSと偽サイトを確認した。

トレンドマイクロによると、Androidでアクセスすると、端末から情報を窃取して悪意あるSMSを送信する「偽アプリ」の導入が促されるが、ダウンロードされる不正アプリもブランドが変更されていた。ただし、送信されるSMSでは異なるブランドに見せかけたURLを利用するなど、偽装が甘い部分もあるという。

またフィッシングサイトを、ウェブサイトで一般的に用いる80番ポートではなく、88番ポートで公開しているケースを確認。同社は、検索エンジンなどによる検知の回避を狙ったものと分析している。

20190517_jp_001.jpg
JC3が確認したフィッシングサイト

(Security NEXT - 2019/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
北海道銀行を装うフィッシング - 他攻撃の文面を使い回しか
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも