Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化

宅配便の不在通知を装ったショートメッセージ(SMS)をスマートフォンへ送り、偽サイトへ誘導する「スミッシング」。偽装するブランドの拡大や検出の回避など悪質化が進んでいる。

これまでも「佐川急便」を装った不在通知によって偽サイトへ誘導し、不正アプリをインストールさせたり、IDとパスワードを入力させるフィッシング攻撃が確認されているが、あらたに「日本郵便」をかたるケースが確認された。

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)では、佐川急便の偽サイトに関する調査を進めていた際、あらたに「日本郵便」を装うSMSと偽サイトを確認した。

トレンドマイクロによると、Androidでアクセスすると、端末から情報を窃取して悪意あるSMSを送信する「偽アプリ」の導入が促されるが、ダウンロードされる不正アプリもブランドが変更されていた。ただし、送信されるSMSでは異なるブランドに見せかけたURLを利用するなど、偽装が甘い部分もあるという。

またフィッシングサイトを、ウェブサイトで一般的に用いる80番ポートではなく、88番ポートで公開しているケースを確認。同社は、検索エンジンなどによる検知の回避を狙ったものと分析している。

20190517_jp_001.jpg
JC3が確認したフィッシングサイト

(Security NEXT - 2019/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「未払い料金ある」「給水停止予告」とだます偽水道局のメールに注意
日本赤十字社のフィッシングに注意 - 実在する寄付サイトを偽装
りそな銀装うフィッシング - クレカ情報の入力求める
GMOあおぞらネット銀のフィッシング - 「確認しないと利用制限」と不安煽る
みずほ銀行装うフィッシングに注意 - 顧客情報の確認などとだます手口
国税庁を装うスミッシング - 税金の滞納あるとクレカ情報を要求
「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装