Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache HTTP Server 2.4.39」が公開 - 脆弱性6件を修正

Apache HTTP Server Projectは、6件の脆弱性に対処した「Apache HTTP Server 2.4.39」を公開した。

今回のアップデートは、より高い権限でコードを実行されるおそれがある「CVE-2019-0211」など、6件の脆弱性を修正したもの。

「CVE-2019-0211」にくわえ、Digest認証において別のユーザーで認証されるおそれがある「CVE-2019-0217」、クライアント証明書によるアクセス制御をバイパスされるおそれがある「CVE-2019-0215」については、脆弱性の重要度が4段階中2番目にあたる「重要(Important)」とレーティングされている。

そのほか、脆弱性の重要度が4段階中もっとも低い「低(Low)」とされる3件の脆弱性「CVE-2019-0196」「CVE-2019-0197」「CVE-2019-0220」を修正した。

(Security NEXT - 2019/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Juniper Secure Analytics」のアップデートで200件以上の脆弱性を解消
Fortraのファイル転送ソリューション「FileCatalyst」に脆弱性
Atlassian、6月のセキュリティアドバイザリを公開
ファッション通販「ZOZOTOWN」のAndroidアプリに脆弱性
WP向けプラグイン「SiteGuard WP Plugin」に脆弱性 - アップデートを
Trellixの不正侵入防止製品に複数脆弱性 - アップデートを
「Chrome」にアップデート - 複数の脆弱性に対応
6月末で「CentOS 7」のサポートが終了 - 移行状況の確認を
Java向け機械学習ライブラリに深刻な脆弱性 - 5月のアップデートで修正
「VMware vCenter Server」に複数の深刻な脆弱性 - 早急に対応を