Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache HTTP Server 2.4.39」が公開 - 脆弱性6件を修正

Apache HTTP Server Projectは、6件の脆弱性に対処した「Apache HTTP Server 2.4.39」を公開した。

今回のアップデートは、より高い権限でコードを実行されるおそれがある「CVE-2019-0211」など、6件の脆弱性を修正したもの。

「CVE-2019-0211」にくわえ、Digest認証において別のユーザーで認証されるおそれがある「CVE-2019-0217」、クライアント証明書によるアクセス制御をバイパスされるおそれがある「CVE-2019-0215」については、脆弱性の重要度が4段階中2番目にあたる「重要(Important)」とレーティングされている。

そのほか、脆弱性の重要度が4段階中もっとも低い「低(Low)」とされる3件の脆弱性「CVE-2019-0196」「CVE-2019-0197」「CVE-2019-0220」を修正した。

(Security NEXT - 2019/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
「ウイルスバスター for Home Network」に3件の脆弱性
11製品にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性も - Adobe
SAP、6月の月例パッチを公開 - 適用優先度高い脆弱性も
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性に悪用の動き - 米政府が注意喚起