Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

75%がAI活用セキュリティツールを導入検討、一方利用者6割は「導入の意味知らず」

企業のIT幹部の75%が、2019年にAIや機械学習を活用したセキュリティツールの導入を検討している一方、70%がAIや機械学習に「抵抗を感じる」と考えていることがわかった。

ウェブルートが、2018年11月26日から12月5日にかけてインターネット調査を実施し、結果を取りまとめたもの。企業の情報システム部の幹部200人が回答した。

2019年にAIや機械学習を活用したセキュリティツール導入の増加を検討している企業は75%。こうしたセキュリティツールを利用することで組織の安全性が向上すると82%が考えているという。また60%は、セキュリティツールの導入検討時、AIや機械学習を活用しているかどうかを重視すると答えた。

一方、AIや機械学習を活用したツールを利用してはいるものの、どのような意味を持つか「よくわからない」と答えた割合は61%と半数を超え、さらに70%は機械学習に対して少なからず抵抗を感じると回答している。

(Security NEXT - 2019/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 修正パッチが公開
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
「送信ドメイン認証」導入マニュアルに第3版 - 「DMARC」導入を解説
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
Google、「Chrome 94.0.4606.81」を公開 - 脆弱性4件を修正
資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村