Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

75%がAI活用セキュリティツールを導入検討、一方利用者6割は「導入の意味知らず」

企業のIT幹部の75%が、2019年にAIや機械学習を活用したセキュリティツールの導入を検討している一方、70%がAIや機械学習に「抵抗を感じる」と考えていることがわかった。

ウェブルートが、2018年11月26日から12月5日にかけてインターネット調査を実施し、結果を取りまとめたもの。企業の情報システム部の幹部200人が回答した。

2019年にAIや機械学習を活用したセキュリティツール導入の増加を検討している企業は75%。こうしたセキュリティツールを利用することで組織の安全性が向上すると82%が考えているという。また60%は、セキュリティツールの導入検討時、AIや機械学習を活用しているかどうかを重視すると答えた。

一方、AIや機械学習を活用したツールを利用してはいるものの、どのような意味を持つか「よくわからない」と答えた割合は61%と半数を超え、さらに70%は機械学習に対して少なからず抵抗を感じると回答している。

(Security NEXT - 2019/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社