Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約27億レコードのアカウントデータ群、2000万件超が国内からか - 新規データも多数内包

IDやパスワードといったアカウント情報を含む「Collection#1」と呼ばれるファイル群がインターネット上で見つかり、約2002万レコードは国内サイトなどから流出したと見られるデータであることがわかった。

流出アカウントに詳しいセキュリティ専門家のTroy Hunt氏が、「Collection#1」と呼ばれる約26億9281万レコード、ユニークなメールアドレス数としては約7億7290万件を含むファイル群を確認したことを1月に明らかにしているが、同ファイル群が国内に及ぼす影響についてソリトンシステムズが調査し、結果を取りまとめたもの。

これらデータは1万2400超のファイルで構成。末尾に「.jp」を含むファイルなど、日本が関連すると見られるレコードを同社が調べたところ、全体の0.7%にあたる約2002万レコードを確認した。

同社はこれまでも流出ファイルについて調査を行っているが、約2002万レコードに含まれる約803万件のアカウント情報は、今回あらたに確認されたものだという。

国内42サイトが関連すると見られるが、このうち6サイトは、今回あらたに被害の可能性が浮上した。同社では被害に遭ったと見られるサイトに対して通報し、注意喚起の連絡を行うとしている。

(Security NEXT - 2019/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件