Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新薬の安全性定期報告書が所在不明 - 医薬品医療機器総合機構

医薬品医療機器総合機構は、企業から提出された新薬の安全性定期報告1冊が、所在不明になっていることを明らかにした。

同機構によれば、企業が提出した新医薬品の安全性定期報告について、1月7日に紛失していることが判明したもの。

報告書は、審査業務部で受け付け、再審査を担当する部署へ配布。その後再び審査業務部で保管することとなっており、職員専用のIDカードがなければ入室できない執務室が保管場所として指定されていたという。

問題の報告書には、企業の担当者数名の氏名と役職名が記載されていた。報告内容は新医薬品の再審査に活用され、内容そのものは公表されるものだとしている。

紛失判明後、機構内の捜索を行ったが発見できず、警察へ紛失届を提出。同機構では対象となる企業に対し、説明と謝罪を行っている。引き続き報告書の探索を続けるとともに、保管方法を施錠管理するロッカーへ変更した。

(Security NEXT - 2019/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

広告業務の委託先で電子媒体を紛失 - 国交省
病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
保険税納付済額通知書が強風で飛散、一部所在不明 - 小松市
番組映像の記録媒体が所在不明に - テレビ大阪
高齢者在宅サービスセンターで携帯電話を一時紛失 - 港区
公共料金払込票を紛失、回収袋から落下か - デイリーヤマザキ
宮城労働局で相談事案ファイルを一時紛失 - 廃棄準備中に盗難か
調査業務の委託先が個人情報含む資料を紛失 - 国交省