Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、四半期定例パッチで脆弱性284件を修正

Oracleは、四半期ごとの定例アップデートである「クリティカルパッチアップデート(CPU)」をリリースし、CVEベースで284件の脆弱性を修正した。

20190116_or_001.jpg
クリティカルパッチアップデートで284件の脆弱性に対処したOracle

今回のアップデートでは、「Oracle Golden Gate」「Oracle Big Data Graph」「Oracle Enterprise Manager」「Fusion Middleware」「E-Business Suite」「PeopleSoft」「Oracle Industry Applications」「Financial Services」「Sun Systems Products Suite」など、あわせてCVEベースで284件の脆弱性に対応した。

これら脆弱性のうち、共通脆弱性評価システム「CVSS v3」でスコアが「7.0」以上の「緊急」または「重要」とされる脆弱性はあわせて133件。また189件に関しては、リモートより悪用が可能だという。

同社では、サポートされているバージョンを確認し、アップデートを可能なかぎり早く適用して脆弱性を修正するよう利用者へ呼びかけている。

なお、次回の「クリティカルパッチアップデート」は米国時間4月16日を予定している。

(Security NEXT - 2019/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper