Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先が業務用端末と制服を置き忘れて紛失 - 東京ガス

東京ガスは、委託先の作業員が顧客情報含む業務用端末と制服を置き忘れ、紛失したことを明らかにした。

同社によれば、ガスメーターの検針業務を委託している東京ガスライフバル足立・埼玉東の作業員が、業務用の携帯端末と制服を紛失したもの。

紛失した端末には、東京都足立区内の顧客421世帯の氏名、住所、電話番号、ガス使用量、領収金額、一部口座番号などが保存されていた。

同端末はパスワードと暗証番号でロックされており、誤った暗証番号を一定回数以上入力すると、データは自動的に消去されるしくみだという。

12月19日、作業員が帰宅する途中に立ち寄った店のショッピングカートに端末と制服が入った鞄を置き忘れ、そのまま帰宅してしまったという。その後店舗へ連絡して店内を捜索したが発見できず、警察へ届けた。

同社では、対象となる顧客への説明と謝罪を行う。また、紛失した制服が悪用されるおそれもあるとして、注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
スマホ不正チャージ、販売店で窃取された個人情報や他人メルアカなど悪用
INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で
PC2台に不正アクセス、マルウェア感染も - 日本通運
患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
個人情報含むファイルをVirusTotalに誤送信 - 北陸先端大
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
海外拠点経由で不正アクセス、情報流出の可能性 - 川崎重工