Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ

さらにWITTENSTEIN high integrity systemsの「OpenRTOS」および「SafeRTOS」で採用されているTCP/IPコンポーネントの「WHIS Connect」も同様の影響を受けるという。

これら脆弱性は、「AWS FreeRTOS 1.3.2」で修正された。Zimperiumでは、脆弱性の詳細について、小規模なベンダーでも対応できるよう、30日の猶予期間を経て公表するとしている。

今回明らかとなった脆弱性は以下のとおり。

CVE-2018-16522
CVE-2018-16525
CVE-2018-16526
CVE-2018-16528
CVE-2018-16523
CVE-2018-16524
CVE-2018-16527
CVE-2018-16599
CVE-2018-16600
CVE-2018-16601
CVE-2018-16602
CVE-2018-16603
CVE-2018-16598

(Security NEXT - 2018/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応