Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

未収期間など受信契約者の個人情報含む帳票を紛失 - NHK

NHK大阪放送局は、受信契約者に関する個人情報が記載された帳票が所在不明になっていることを明らかにした。

同局によれば、北大阪営業センターにおいて、大阪府内の受信契約者の個人情報が含まれる1822枚の「支払期間指定書」を紛失していることが判明したもの。

放送受信料の支払いに関する手続き内容を確認するための書類で、受信契約者の氏名、住所、電話番号、支払期間、金額、未収期間などが含まれる。

8月30日に視聴者からの問い合わせがあり、職員が帳票を確認しようとしたところ、倉庫に保管してあるはずの4束の帳票がないことに気付いた。

紛失した4束のうち3束については、シュレッダー裁断し、廃棄したことが判明。のこる1束である2017年2月1日から9日分までの426枚は所在がわからないという。同局では、対象となる契約者に対し、事情を説明した上で謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2018/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

口座振替依頼書が一部所在不明、マイナンバーも記載 - 岩倉市
市民講座受講生の個人情報含む資料を紛失、車窓から飛散か - 津市
酒に酔って個人情報を紛失した職員を処分 - 東京都
飲酒後帰宅途中に眠り込み児童相談の個人情報を紛失 - 東京都
イベント参加者情報含む名簿を一時紛失 - トヨタツーリスト
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
公文書の紛失や手続不備が判明 - 和歌山県
神戸市民生委員が車盗被害、高齢者台帳も - 車両見つかり今後詳細調査
7月の個人情報関連の事務処理ミス44件を公表 - 横浜市
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院