Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

前版より約10日、「Ghostscript」が再修正 - アップデートを強く推奨

「Ghostscript」の最新版となる「同9.25」がリリースされた。前回のアップデートで生じた不具合や追加の修正などを行っており、アップデートが強く推奨されている。

同ソフトウェアは、「PostScript」や「PDF」などの出力に利用されるオープンソースのインタープリタ。「-dSAFERオプション」が回避される脆弱性「CVE-2018-16509」が判明し、9月3日に「同9.24」が公開されている。

今回のアップデートは、前回のアップデートで生じた不具合へ対応したほか、公開済みや潜在的な脅威なども含め、複数のセキュリティに関する問題に対処。また複数のバグについて修正を行った。

同ソフトを提供するArtifex Softwareでは、今回判明した問題に対処するため、最新版へアップデートすることを強く推奨している。

(Security NEXT - 2018/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ
「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開
Juniper Networks、セキュリティアドバイザリ36件を公開 - 「クリティカル」も
「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - 次期更新で修正予定
「Node.js」にコマンドインジェクションの脆弱性 - Windows環境に影響