Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JETRO、海外展開支援事業で49社を採択 - セキュリティ分野から2社

日本貿易振興機構(JETRO)は、2018年度日本発知的財産活用ビジネス化支援事業「JETRO Innovation Program(JIP)」の採択企業を発表した。セキュリティ分野からも採択されている。

同事業は、知財を持つスタートアップや中小、中堅の日本企業における海外展開のハンズオンで支援するプログラム。特許庁の補助事業として展開している。

ジェトロが海外のアクセラレーターと提携し、ビジネスモデル構築研修、メンタリング、ピッチ、展示会での商談機会、ビジネスマッチングなどの支援メニューを提供。2018年度は米シリコンバレー、中国の深セン、ドイツのベルリン、ASEANの6地域を対象に展開する。

AIやロボット、クラウド、IoT、ゲノム、VRなど幅広い分野から49社が採択されており、セキュリティ分野では、シリコンバレープログラムにFFRI、インドネシアプログラムにオプティムが採択された。

(Security NEXT - 2018/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アプリの4.5%に「緊急」とされる脆弱性 - Synopsys調査
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
4人に1人は機密性高いPDFファイルでもPWや権限を設定せず
IPA、教則本「情報セキュリティ読本」を4年ぶりに改訂
サイバー防御力競う「ハードニング競技会」がグッドデザイン賞
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意
国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス