Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Experience Manager」に脆弱性 - アップデートをリリース

Adobe Systemsは、マーケティングソリューション「Adobe Experience Manager(AEM)」に脆弱性が含まれるとしてアップデートをリリースした。

バージョンによって異なるが、「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性「CVE-2018-5005」「CVE-2018-12806」や、入力検証のバイパス「CVE-2018-12807」など3件の脆弱性が明らかとなったもの。重要度は、いずれも3段階中もっとも低い「中(Moderate)」としており、悪用は確認されていない。

同社では、「同6.4」「同6.3」「同6.2」「同6.1」「同6.0」向けてホットフィクスや修正パックを用意。適用優先度を3段階中2番目の「2」としており、30日以内を目安に適用するよう求めている。

(Security NEXT - 2018/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security