Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Beyond Security製脆弱性検査アプライアンスを販売 - キヤノンITS

キヤノンITソリューションズは、システムの脆弱性を検出、管理できる米Beyond Security製アプライアンス「beSECUREII」を8月27日より取り扱い開始する。

同製品は、組織のネットワークへ接続されたパソコンやサーバ、ネットワーク機器、ウェブアプリケーションなどの脆弱性を検査するアプライアンス。検査対象の機器に対するエージェントのインストールは不要で、定期的に検査を実施できる。

レポートでは、検出した脆弱性の危険度や影響、推奨する解決策、ソフトウェアベンダーへのリンクなどがを提供。価格はオープン。

(Security NEXT - 2018/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
インフラ事業者対象に脆弱性や情報漏洩のチェックサービス
CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
ブロックチェーンの脆弱性診断サービスを提供 - ProVision