Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む教員の私物パソコンが学内で盗難 - 東大

東京大学は、教員が所有するパソコンが、学内で盗難被害に遭ったことを明らかにした。学生や非常勤講師の個人情報が保存されていたという。

同大によれば、同大総合文化研究科の教員が、7月9日に学内のイベント参加中、パソコンを鞄ごと盗まれたもの。

問題の端末には、同教員が2016年度から2018年度まで担当した一部科目の受講生384人分の個人情報を保存。氏名、学生証番号、成績が含まれる。また非常勤講師7人分の氏名や住所、連絡先、生年月日を含むファイルが保存されていた。

端末内部のデータは、暗号化されていなかったという。同大では、対象者に文書による説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2018/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複合施設の関連PCが電車内で盗難被害 - 横浜市
個人情報含むUSBメモリの紛失で職員を懲戒処分 - むつ市
患者情報入りUSBメモリが院内で所在不明に - 量研機構運営病院
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
前年に廃棄したつもりの労災事故書類、公園で見つかる - 宮城労働局
検定試験の解答用紙を紛失 - 中国語検定協会
医師の患者情報入り私物PCが盗難、過去勤務先のデータも - 広島大病院
生徒や教員の情報含むPCが盗難、HDDは暗号化済み - 広島大付属中
資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村
神戸市民生委員が車盗被害、高齢者台帳も - 車両見つかり今後詳細調査