Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

人工呼吸器管理用タブレットが所在不明 - 岸和田市民病院

市立岸和田市民病院は、患者情報を含む医療機器管理用のタブレット端末が所在不明になっていることを明らかにした。

同院によれば、人工呼吸器を管理するためのタブレット端末が、7月9日より所在不明となっているという。

問題の端末には、7月6日時点における入院患者325人分や、2017年10月20日以降における人工呼吸器の装着患者165人分の情報を保存。氏名や生年月日、身長、体重、病名、主治医と診療科などが含まれる。

心当たりを探索したが発見されず、同院では、対象となる患者に対して、事情を説明し、謝罪する文書を送付した。

紛失した端末内のデータは暗号化されており、アクセスするには担当者のIDとパスワードの入力が必要だと同院では説明。端末内のデータについては1週間で自動削除されるしくみで、データの更新がなければ、7月13日14時前には削除されているとしている。

(Security NEXT - 2018/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ
送迎リスト紛失、車上に置いて走行 - 高齢者福祉施設
障害福祉サービス事業所利用者の個人情報を漏洩 - 横浜市
個人情報含む可能性のある公文書が所在不明 - 大阪市
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
ゴミの「ふれあい収集」対象者名簿が所在不明に - 大阪市
患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局